ボードゲーム紹介 フォルム・ロマヌム

フォルム・ロマヌム は執政官の地位を巡る選挙中のローマで、立候補者となり執政官に就きましょう!

2〜3人

60分

デザイナー:ヴォルガング・クラマー

コンポーネントは非常にシンプルで、A4サイズのボードに、2種類のコマがあるだけ(そのうちの一つは得点用マーカー)

ルールもシンプルで自分の番が来たらボード上にコマを置くだけ。

縦横の1列か1つの区画が埋まると決算が起こり、1番多くコマを配置していた人がマスの数だけ点数を得られます。

上の画像だと、横一列埋まり、赤のプレイヤーが1番多く置いていたので、横1列のマスの分7点を得られます。

更に、一番置いているコマが少ないプレイヤーはマイナス点

このようにして、全ての列と区画で決算が起こるとゲーム終了です。

デザイナーのヴォルフガング・クラマーの名前を聞いたことのない人でも「ニムト」を遊んだことがある人は多いと思います。

クラマーはボードゲームの改革者の1人と言われることも多く、アクションポイントを自由に割り振って行動していくシステムや、ボードの周りに点トラックを初めてつけたことでも有名です。

「ニムト」や「アブルクセン」などサイコロブクロにもクラマーの作品がいくつかあるので、フォルム・ロマヌムと一緒にプレイしてはいかかでしょうか。

LINEで送る
Pocket

top

共有

このエントリーをはてなブックマークに追加